2008年01月17日

グレアム流投資法

ベンジャミン・グレアムは実はウォーレン・バフェットの師とも言うべき人で、
バフェットはグレアムの会社にいたことがあります。

グレアムの投資法は、企業内部のファンダメンタルズ(例えば、経営者の能力、
企業の市場占有率、等)は投資判断要素には入れず、もっぱら貸借対照表など
の分析に主眼をおきました。

グレアムは「投機」を徹底的に排除して「投資」でないものにはけっして手を
だすことをしませんでした。

彼の「投資」は流動資産から流動負債をひいた差額よりも安い価格に放置され
ている株が「投資適正」のある株と見立てて投資します。彼にとってはそのよ
うな銘柄が値上り余地のある利益を実現できる最高のものだったのです。

バフェットがグレアムを師と仰いだことから、株価が本来の企業価値よりも安
く放置されている場合に投資のチャンスととらえる手法は全く同じという点は
うなずけますね!

しかし、すべてが全く同じであったわけではありません。二人とも「バリュー
株」投資という点では一致していましたが、他の面でいろいろな相違点もあり
ました。

以下はその相違点を比較したものです。ご覧ください。


(投資の対象となる銘柄「企業」)

グレアム;普通一般的企業(他社と同一製品を扱う普通の企業も対象とする)
バフェット;市場独占企業(他社より優れた事業資源を持つ企業を対象)

(投資の価値)
グレアム;バランスシート(貸借対照表)分析中心の企業価値
バフェット;将来的な収益性をも加味した企業価値

(株式の保有期間)
グレアム;企業価値と市場価格が同一となった時売却
バフェット;市場占有率が落ち始めるまで長期保有

(投資法)
グレアム;多数の企業・銘柄・業種へ分散投資
バフェット;市場占有率の高い企業・銘柄への集中投資

posted by ka-bu1 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79006877

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。