2008年01月16日

ウォーレン・バフェット流投資法

ウォーレン・バフェットという名前は貴方も一度は聞いたことがあるのではな
いかと思います。
彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。
ここでは彼の経歴についての話しではなく、貴方に参考となる彼の投資法の話しが主題です。

かれの投資法は「バリュー株」をある基準に従って発掘し、その株が大きく成
長して利益が十分に乗ってから売却してキャピタルゲインをえる方法です。

それでは「バリュー株」とはどんな株をいうのでしょうか?これから具体的に
理解していきましょう。

今、ある企業の実質的な価値を計るため用いられる尺度として一般的なのは、
「PBR」という指標です。


「PBR」のことを「一株純資産倍率」といい;

「PBR」 = 純資産(株主資本) ÷ 発行済株式総数

で計算されます。


そこで、今仮にこの計算結果が1,000円だったと仮定しましょう。
そうするとこの企業の価値は1株1,000円の価値が実質的には存在することになります。

もし将来の成長性・収益性その他の材料を加味しないか、又は欠損・減損・
その他の不安材料がないとすれば、市場では1,000円が妥当価格ということにな
ります。

ところが、実際に市場で取引されている現在価格は750円であったと仮定します
と、実質価格と市場取引価格の差は250円になります。もし、貴方がこの会社の
株を750円で買ったとすれば、250円の含み益が最初からついてきます。

株式の価格は人気投票で決まりますので、ある一時期実質価格以上に売り込ま
れる場合があります。しかし、長い期間で見ていくと必ず実質価格に収束して
行くものです。

もし、その企業に成長性や好材料があれば瞬く間に人気がでて実質価格の2倍
以上の価格がつく場合もあります。

バフェットの狙う株は、このように、潜在的に成長性を内包し、実質価値より
も売り込まれて、安値で放置されている企業の株に投資する方法です。この方
法ですと、実施価値よりも株価が何時上回ってくるかは、予測が難しいといえ
ます。

もしかしたら1週間後かもしれませんし10年かかるかも知れません。これが、
バフェット流は「長期投資法」といわれるところでもあります。

でも元々価値のある株を安く買っているのですから、特別の悪いことが起らな
い限り買った時点から含み益がでている訳で、後は「果報は寝て待て」という
ことなのですね。

posted by ka-bu1 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。