2008年01月07日

お金の流れが株価を支配する

一般的に言って株が上がる要因として、一番大切なのはやはり「企業の業績」
ということになるでしょう。その他に、ヒット商品やブーム・将来性・キャ
ッシュフロー・需給・信用残・PER・株式分割など多くの要因が考えられます。

具体的にお金の流れは、上記のデータに加えてその他のデータをも参考にし
て有利な方向に向かいます。

そして、その個別の銘柄を大きな流れで支配しているのが経済的与件という
ものです。経済的与件は、経済全体を規定している条件ですから、個別の銘
柄(企業)を直接的にも間接的にも支配するものなので、お金の流れは、絶
対に経済的与件を無視することはできません。

それでは、経済的与件にはどんなものがあるのでしょうか?一応列挙してみ
ますと、「為替」「景気(の循環)」「原油などの商品市況」「金利」「マ
ネーサプライ」「自然現象」「政府の政策」等、まだ色々あります。

株価は、これらが総合的に作用しあって決定されるというのが一般的な見方
です。しかし、貴方が投資をする際の銘柄選定において、上記の株価構成要
素をすべて考慮することができますでしょうか。

貴方一人で、株価構成要素に目を光らせて銘柄を選択し、投資するのは神業
としかおもえません。そこで簡単に判断する方法は、お金の流れが向かって
いる先を知ることです。

証券市場に、お金の流れが向かっていれば当然株価はあがります。反対に、
証券市場からお金の流れが離反していたら株価は下がります。

この大きなお金の流れの方向を知っていると知っていないのでは、将来の利
益は大きく違ってきます。個別の銘柄は、全体の流れに最終的には同調する
のですから。

posted by ka-bu1 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。