2007年12月25日

売買テクニック;短期投資と長期投資

株式投資の売買テクニックは、投資の期間に応じて長期と短期にわけられま
す。「長期投資」の場合は色々な目的で株式を保有する場合が多いのが特徴
です。

例えば、その目的としては、年金資金や投資信託のように、その資金自体が
基本的に長期の資金で回転売買する必要がない長期の資産運用を狙うもの。
また、配当や優待ねらいでキャピタルゲイン(株式売買益)が目的ではない
投資などです。

その他、M&Aなどの株集め、バリュー株投資などがあげられます。狙いは
どうであれ、保有銘柄の企業の内容は重要で、業績不振の銘柄は敬遠しなけ
ればなりません。そこで長期投資に大切なのは、企業の「ファンダメンタル
ズ」です。

なぜなら、長期の株価は、短期的な上下はあっても企業のファンダメンタル
ズに比例するからです。好ファンダメンタルズの銘柄を仕込むのが「長期投
資」の定石です。

しかし、「短期投資」はファンダメンタルズよりむしろ「需給(買い玉と売
り玉の数)」で株価が動きます。短期投資ではこの需給を最優先して分析し
投資します。

その他、「短期波動」を利用して「回転売買」を繰り返えす方法もあります。


短信メモ;波動売買

どんな株にも株価が上下に変動する「波動」があります。「波動」は上げて
行く時も、下げる時も「トレンドライン」(上値抵抗線と下値支持線の間)
に添って波動を作りながら変化します。

この波動を分析して「谷」で買い「山」で売るという方法が「波動売買」で
す。「短期の波動売買」のことを「スウィング・トレード」といいます。こ
の波動の特性を研究した人で「エリオット」という人がいます。

posted by ka-bu1 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。