2007年12月14日

株式分割の可能性を探ろう

株式分割は、1株を数株に分割することで発行済み株式数が増えることです。
例えば、あなたが1株持っていた場合、保有している株が3株に分割されれば
あなたの保有株は3株になります。

「株式分割」でのメリットには2つあります。

一つは、「無償で株がもらえることです。」
もう一つは、「値上り利益を得ることができることです。」


◆株式分割での一つめメリット

無償で貴方の株数が増えますが、分割時点では、「権利落ち日」の株価は分割
数で除した金額になります。それでも、長期で持つと、株価は企業の業績が良
ければまた上昇します。

これを繰り返して長期保有していますと、子株がねずみ算的に増加し、元手が
数十倍になる場合もあります。これは、貴方が株を保有している企業が毎年成
長して分割も順調に実施された時です。(反対に業績が悪くなった時は、分割
もないので、うまみはありません。注意しましょう)

◆もう一つのメリット

株式分割発表後の大幅な値動きを利用して、短期で利益を獲得しようという内
容です。

株式分割のスケジュールは

「分割発表」→「権利取り最終日」→「権利落ち日」→「子株還流日」

という順序で行われます。

まず「分割発表」があると、分割狙いの買いが入りやすく、株価は急騰します。
この時点では早い者勝ちで安く買えれば相当の利益が出ますが、元々その株を
持っていた方以外は高値を買うことになるかも知れません。

しかし、一吹きが終了しますと、第一陣の買いが落ち着いてから「権利取り最
終日」までの間は大幅に株価が上昇する期間です。

次に、「権利取り最終日」の翌日つまり「権利落ち日」で株価は分割されて、
その分安くなります。この日から「子株」が配分される「子株還流日」(権利
落ち日から50日間)までは、実際子株は売買されませんので極端な品薄状態
になります。

ここが第二ラウンドで株価は上がりやすくなります。しかし、発表後に比べれ
ばインパクトが弱いのは否めません。

この様に、株式分割に絡む株価の動きを上手く利用すると利益実現は思ったよ
り楽かも知れません!

株式分割の可能性はどのようにして知ることができるのでしょうか;

分割するのではないかと考えられる企業に直接聞いても決して教えてはくれま
せん。インサイダーになるからです。そこで「会社四季報」の【資本移動】の
欄を参考にしましょう。

【資本移動】欄には「増資」「減資」や「第三者割当」等とならんで
「分割」や「分割予測」が掲載されています。

例えば; 
過去に実施済み表示・・「分1→2」
将来実施する可能性・・「分1→2C」(Cは取材による予想で可能性がある)
           「分1→2B」(B独自取材で業績・株価水準等から
                              確度が高い)
            「分1→2A」(Aは公約で会社は明言している)

上手に利用すると大きなボーナスになる筈です。

posted by ka-bu1 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。