2007年11月15日

景気

経済は右肩上がりに継続して上昇し続けることはありません。「好況」と
「不況」を繰り返しながら成長していくことが理想です。

当然、「好況期」には株価は上昇しますし、「不況期」には株価も下がりま
す。しかし、株価の上昇・下降は経済の「好況期」「下降期」に全く一致し
て動く訳ではありません。

むしろ、「株価」は景気に半年ほど先行して動くと言われています。
従って、「株価」は景気の先行指標ということができます。


景気の変動は;

「不況」⇒「景気回復」⇒「好況」⇒「景気後退」 を繰り返しています。

ここで、「与件1;金利」で説明した金融政策を思い出してください。

政府日銀は不況時には、「金利を低めに誘導」し「市中の貨幣量を多く」する
ことで、景気を喚起する政策を実施します。

「不況時」には、それほど資金需要が旺盛でないため、余剰資金が株式市場に
流れ込み株価が上昇する現象が生じます。このことを不況の株高「金融相場」
といいます。

その後、政府日銀の金融政策の効果が示現し、企業の業績が良くなり始めます
と、企業業績を囃して株価は更に上昇します。この時点の相場を「業績相場」
といいます。

更に企業の活動は活発になり「好況」になりますと、「インフレ」を抑制し一
気に景気が落ち込んで「恐慌」にならないように、日銀は前もって「金融引き
締め政策」を行います。この時「株価」は先取りして下降し始めます。このこ
とを「逆金融相場」といいます。

そして、企業業績が下降しはじめ「景気後退」が始まりますと株価も下降を続
けます。これを「逆業績相場」といいます。

この様にして景気循環と株価は連動しながら循環しているのです。この循環を
対応させて見ますと、

「不況」(金融相場)⇒「景気回復」(業績相場)⇒「好況」(逆金融相場)
⇒「景気後退」(逆業績相場)となります。

株式相場は景気循環を先取りして動いていることが理解できます。

posted by ka-bu1 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66625835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。