2007年08月21日

指摘どおりの反発も、リバウンドの域を脱せず!16000円クリアーが第一関門

週明けの東京市場は、先週末FFレートの引き下げに踏み切ったことを好感して
大幅高を演じたNY市場の流れを反映して、久々の全面高で終始しました。

しかしながら、先日から指摘しておきましたように未だ大幅安の後遺症は完治しておらず、
株価も17日の陰線の中に包み込まれる形の陽線(はらみ線)で、
チャートとしては、あまり強くない形となっております。

今後は、一日の振れ幅が徐々に小さくなり、底値圏の三角持合いとなるか。
それとも、16000円をクリアーして上昇の糸口をつかむか、
それとも再度下値を切り下げにいくか、それによって投資スタンスを決定していかなければなりません。

下げ相場の中で未だ上昇波動を保っている銘柄

1812鹿島建設 2053中部飼料 2815アリアケ 

3606レナウン 3861王子製紙 4544みらかHD 

4661オリエンタルランド 6825パトライト 7453良品計画

8248ニッセン 8832小田急不動産 8833東宝不動産 

9401TBS 9735セコム 9983ファーストリテ

今後、この数が多くなっていけば相場の持ち直しを示唆しますが、
再度の下値更新から先般指摘しておきましたように、
中長期の調整局面を脱するには、相当の時間を要することも伺われます。

-----------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』


posted by ka-bu1 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。