2007年08月17日

世界的な信用収縮懸念払拭できず!今後は一時リバウンドへ!

16日の東京株式市場は、アメリカのサブプライムローン問題に端を発した
世界的な信用収縮懸念を払拭できないなか、円キャリーの巻き戻しによる円高が拍車をかけ
大幅続落の展開となりました。

昨日の当ブログで指摘しておきましたように昨年11月27日の安値15616円は
下回ってはいないものの、日経平均は一時、15859円まで売り込まれました。

引けにかけては大きく売り込まれた金融株中心に買い戻されましたが、
乖離幅も大きいことから一旦はリバウンドする段階にはいってきました。

しかし、リバウンド後の展開で再度下値を切り下げてきた場合には
更に調整が長引くことも懸念されます。

下げ相場の中で未だ上昇波動を保っている銘柄

1907東北ミサワ 1949住友電設 4549栄研化学 

4775総合メディ 4958長谷川香料 5105東洋ゴム 

6217津田駒 6457グローリー 6817スミダ

7456松田産業 8194ライフ 8248ニッセン 

8742小林洋行 9113乾汽船 9433KDDI 

9506東北電力 9735セコム 9783セコム

今後、この数が多くなっていけば相場の持ち直しを示唆しますが、
再度の下値更新から先般指摘しておきましたように、中長期の調整局面を脱するには、
相当の時間を要することも伺われます。

------------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』


posted by ka-bu1 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。