2007年04月13日

テクニカルで勝ち続ける男の本音!

昨日(12日)の東京市場は、主力の銘柄中心に売られ、
日経平均ベースで129円65円安の17540円42銭で取引を終わりました。

多くの銘柄が下げる中、今回訪日した中国の温家宝首相が、
国会演説や経団連との会合で日中経済の連携強化に向けた協調姿勢を示したことを好感し、
中国銘柄の中心的な存在である鉄鋼株が軒並み高でしたたが、
全般的には、一本釣り銘柄はあるものの終始低調な取引でした。

株式市場では、毎日様々な材料が複合的に飛びかい、相場全体が何を持って買うか、
反対に何を材料に売るかが問題になります。

ところで、私の知人に、このような材料による銘柄売買ではなく、
株式投資本来の「売買タイミング」を測る方法としての「テクニカル分析」を駆使して
連勝している方がます。

彼は、株価材料には一切目をむけません。

なぜなら、ただの一個人が数多ある株価材料に目を向けたところで
全ての材料を把握できるものではないといっていました。

だから、彼はテクニカル分析一本で投資しているそうです。

ある時彼に、「テクニカル分析には、理論的背景の異なった色々な方法がありますが、
これらの様々な方法を貴方は確実に儲けるために、どのように活用していますか?」
と尋ねたことがありました。

彼曰く、『どの分析法でも「帯に短し、襷に長し」でそれぞれ長所と短所をもっています。
その欠点を克服しない限り、株式投資で儲け続けることはできません。
続けて儲けることが出来ないということは、株式投資ではパフォーマンスが大きく落ちます。
そこで、テクニカル分析を十分に使いこなして連勝に結びつけるは、
それぞれの欠点を補完し合うような「分析法」を2・3併用して用いることです。』
ということでした。

私のシミュレーションでは、彼のやり方はとても有効ですよ。貴方も研究して見ては!

-----------------------

「株ぞう」日経225にも効果的です。
   ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』


posted by ka-bu1 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。