2007年03月23日

相場が順調な時ほど気を付けなければならない投資家心理!

22日の東京株式市場は、ニューヨーク・中国共に堅調な相場展開に加え、
寄付き前の外資系証券会社経由の注文状況が、久しぶりに買い越しとなったのを受けて
前日比220円の大幅高で寄付き、終始一貫高値圏で推移し、一時300円を超える場面もありました。

結局、日経平均ベースで256円高の17419円で引けています。

昨日の当ブログでは、マドを空けて上昇した日経平均について
強力な買いサインかと指摘しておきましたが、22日の相場でも2日連続のマド空けとなりました。

23日にもマドを空けた場合は、少し注意しなければならないことになります。

3日連続でマドを空けますと所謂「三空」となり、逆に強力な目先天井を意味します。

それでなくても、急ピッチで戻してきた相場ですので、
長期に上昇してもらうためにも多少の調整を入れて一服したほうが上昇の形は良くなります。

ここで、多くの投資家の心理を読みますと、今回に限り、暴落時に待ってましたとばかり、
バーゲンセールを拾っていたのは、我が日本の個人投資家でした。

このことは、とても嬉しいことですし、世界同時株安に歯止めをかけたのも
日本の個人投資家と誇れます。

しかし、一方で乗り遅れた投資家はと申しますと、
買わない(買えなかった)リスクで焦りを感じ
この高いところを飛び乗って行きはしないかと心配になります。

ここは、押し目を待って冷静にタイミングを計ることが大切です。

くれぐれも、飛び乗り厳禁です!

-----------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』
posted by ka-bu1 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。