2007年11月21日

1日の株価には4種類ある

証券取引所で株が売買されるのは「前場」「後場」の1日2回です。

一日の取引のうち株は売買をとおして上下しながら色々な値段をつけます。

前場「寄り付き」で最初についた価格を「始値」(はじめね)といいます。
後場の最後についた価格は「終値」(おわりね)といいます。

また、1日の中で一番高い価格を「高値」(たかね)、一番安い価格を「安値」
(やすね)といいます。

このような4種類の価格を「4本値」と呼んでいます。

この4本値は、テクニカル分析でポピュラーな「株価チャート」(罫線)に利
用されます。

posted by ka-bu1 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。