2007年05月01日

持ち合いを見極めて出動できる方は、大儲けができます。

株式投資で急騰株を発掘して上手く買えた時の喜びは何とも言えないものです。

株式投資を長年やっていると、たまたま買った株が急騰して
思わぬ大きな利益を手にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、なぜ急騰したか、色々後講釈で材料は出てきますが実際のところは分からないものです。

でも、よくよく見てみると急騰する株にはパターンがあります・・・。

今日はそんな急騰を演じた銘柄の値動きから特徴を見出し、
今後の貴方の株式投資に役立てるためのお話です。

今回は、一番ポプュラーな値動きを紹介します。

貴方も、よく聞く形として「持ち合い」という株式用語はご存知と思いますが、
この持ち合いの典型的なのが「三角持ち合い」と呼ばれているものです。

これは、チャートで見たとき、三角のフラッグがはためいているように見えます。

この他にも、よく「ボックス圏」で動いていてなかなかボックスの高値を抜けない場合があります。
これも持ち合いの一つと考えられます。

この持ち合いの抵抗線を上に抜けた場合は、大きく株価の水準訂正に入り高騰します。

顕著な例としましては、短期日足での観測ですが、4519の中外製薬の去年12月中旬から
今年の1月下旬の持合い(ボックス圏)からの上放れです。

こんなところを買えればもう天に昇る気持ちになってしまいます。

「持ち合い離れにつけ」ですね!

これも、株価が急騰する一つのパターンですので覚えておきましょう。

------------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
  ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』
posted by ka-bu1 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。