2007年04月04日

「はらみ線」の示す株式相場の先行きは!第一関門通過か?

3日の東京株式市場は、この日一日に関する限りは、最悪のシナリオとはならずに済みました。

昨日、指摘しました最悪のシナリオとは
『今回の下げ若しくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。

当然、下値抵抗線の16800円どころを下回らずに反騰すれば、
3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。

逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、
つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。』

という内容でした。

ところで3日の日足チャートを見て頂きますと、
2日の大陰線が3日の小陽線を包み込むような形の「はらみ線」となっています。

ここで、この形が示現した直近を例にとってみますと、
3月5日6日と3月14日15日の2回示現しています。

お手許に株価チャートのない方は、「ヤフー・ファイナンス」で確認してみてください。

そこで確認しましたら、その2回がそれぞれ示現した後の相場の流れはどのようになっているか
読み取ることが出来ますでしょうか!
そうです、はらみ線が示現した翌日は陰線を付けていますが、
大引けではそれぞれ2日前の大陰線を下回らずに引け、次の日は2回とも、
終値で大陰線の始値を抜く陽線でひけています。

その後は、ご存知のように反騰する流れとなっています。

この例から見ますと、本日陰線から明日(5日)は陽線で2日の大陰線を抜けてくる
という読みが成り立つわけです。

しかし、そこは株!そんな簡単に同じパターンになりましょうか?

テクニカルやチャーチストは上昇を決め込むことは、やぶさかではないでしょうが、
本日(4日)にもし終値で2日の安値を下回って引けたら、
前2回のパターンは脆くも崩れさることになります。

まだ、この時点では、相場の行方は、上か下か決定していなということです。

------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
  ↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』



posted by ka-bu1 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。